1月20日(金) くもり時々晴れ ひとこと日記 (スノーレポート)

  Whistler Mountain:   昨晩の降雪は5cm。 フリージングレベル(雨と雪の境界線)が標高1300m付近まで下がったので、昨日に比べて軽いパウダーのコンディション。 しかも、山麓では、くもりの天気でしたが、ゴンドラを降りると青空が広がり、眼下には雲海を見渡す景色での滑走でした! 明日も引き続き、良いコンディションを保つかと思いますが、ゴンドラ中間駅(5合目)より下は、固いバーンでしたので、スピードの出し過ぎなどにご注意ください。
(S.K.)
Whistler & Blackcomb  Mountain:  今日は久々に青空が見えました。 積雪は5cmでしたが、前日のパウダーが残っていて、特に前日クローズしていたピークチェアにはたくさんの人が列を作っていました。 ウィスラーボウルは正面の入り口から入るのは少し躊躇してしまいますが、裏から回る方の入口は入りやすくなっています。  ブラッコム側のブラッコムグレイシャーも柔らかくて良かったのですが、各国の看板がある場所以降のグレイシャーロードは固くてスケートリンクの様になっていて、普段ここにはいない黄色ウエアのマウンテンスタッフが、スピードを落とすようにと注意喚起するために立っている程のツルツル具合でした。
(Y.N.)

1月19日(木) 雪のちくもり ひとこと日記 (スノーレポート)

   Blackcomb Mountain:  昨晩の降雪は23cm。 今日も上部のリフトはクローズなのかなと思っていたら、10時頃にはクリスタル、11時頃にセブンスヘブン、その後グレイシャーと順次オープン。  比較的重めのパウダーでしたが、柔らかい雪を滑る事ができました。 ウィスラーマウンテン側上部のリフトがなかなかオープンしなかったため、人がブラッコムに流れて来ていたのか、リフト(特にセブンスヘブン)には長い列が出来ていました。
(Y.N.)

1月19日(木) 今日の一枚

気温が上がり、氷が溶け始めたアルファ・レイク
<4:00pm 撮影>

1月18日(水) 雨 ひとこと日記

  カナダのアルコールと言えばクラウンロイヤルなどのウィスキーが有名ですが、実はビールの消費国として上位にランクインするほど、カナダではビールが好まれています。 BC州内だけでも100を超えるビールの醸造所があり、ウィスラーでもWhistler Brewing Co.やCoast Mountain Brewingといった醸造所で地ビールを楽しむことが出来ます。(もちろん、ビレッジ内の酒屋さんやレストランでも取り扱いがあります♪)

私の密かな楽しみは、毎年色々な醸造所から出される季節限定のビール。 夏はサッパリフルーツフレーバーや軽い飲み口のビール、冬になるとこっくりとした甘めのビールや、どっしりとした苦味の強いビールなど季節に合せて発売されるので、ついつい手に取ってしまいます。

 今回買ってみたのはBC州ケロウナにある、Tree Brewingの冬季限定パック。 ラガーやペールエール、ピルスナーなど苦味の少ないものが多く、苦味が苦手な方にもチャレンジしやすいビールが揃っています。 アイスホッケーやスノーシューなど雪国ならではのパッケージがとても可愛いのでお土産にも良いかもしれませんね♪
(Y.N2)

1月17日(火) 雨 ひとこと日記 (スノーレポート)

   Blackcomb Mountain:  積雪は8cmでしたが、気温が高かったので湿ったパウダーでした。 今日は天候が悪く、午前中は8合目まで行くリフトがソーラーしかオープンしていなかったため、ソーラーがとても混雑していました(お昼近くにはジャージークリームもオープン) 5合目より下の雪の方が春雪のような感じで、上のひっかかる雪よりも滑りやすかったです。
(Y.N.)

1月17日(火) 今日の一枚

ゴンドラを降りると暴雨風雪!
大荒れの天気に見舞われたウィスラー
<1:30pm 撮影>

1月16日(月) くもり時々雪 ひとこと日記 (スノーレポート)

  Whistler & Blackcomb Mountain:   午前中は全体的に固めのバーンでしたが、午後くらいから雪が降り始め、割と柔らいコンディションに変わりました。 ただし、5合目~山麓付近は雨でしたので、下山時はかなり雨に濡れてしまいました。 昨日までの混雑は大分緩和され、どのリフトも待ち時間は5分前後。 今晩は25cm前後の降雪予報がでていますので、明日は朝一から滑走しようと思います!
(S.K.)

1月15日(日) 晴れ時々くもり ひとこと日記 (スノーレポート)

  Whistler Mountain:   全体的に固めの圧雪状況。 日当たりの良いバーントシチュートレイル、ハーモニーリッジ、ジェフズ・オデ・トゥー・ジョイコースなど、山頂~ハーモニー~シンフォニーエリアが、比較的柔らかめの圧雪で滑り易かったです。 混雑状況は、アメリカのロングウィーケンドのせいか、どのリフトも10分前後の待ち時間がかかります。 また、2時30分位から、下山ルートの混雑が目立ちましたので、衝突事故などにご注意ください。 
(S.K.)

  Whistler Mountain:   今日も綺麗な空が広がっていました。 ここ数日で気温がだいぶ上がり、スキー場内のため池も氷が少し解け、氷河の溶け水の綺麗なブルーが見え始めていました。 今日は混雑していたからか、午後になると圧雪バーンでもコブが出来ているバーンがありました。 明日からは天気が崩れる予報となっています。
(Y.N.)

1月15日(日) 今日の一枚

日差しが暖かいブラッコムマウンテン♪
<1:00pm 撮影>

1月14日(土) 晴れ ひとこと日記 (スノーレポート)

   Blackcomb Mountain:   今日は麓が-11℃に対して山頂が-2℃という、気温の逆転現象(インバージョン)が起こっていました。 ゴンドラ乗り場はとても寒かったのですが、リフトを乗り継いで、8合目付近のランデブーに到着するころには、日差しも暖かく、ポカポカ陽気。 ゲレンデのコンディションは、日当たりの良いセブンスヘブンリフト周辺が、柔らかい圧雪で滑り易かったです。 一方、山麓付近の降雪機が稼働していないエリアでは、固いバーンが多く、エッジが抜けて転倒している人も多く見かけましたので、十分ご注意ください。
(S.K.)