9月21日(木) 今日の一枚

徐々に色づく楓の葉
<1:30pm 撮影>

9月20日(水)くもり時々晴れ ひとこと日記

  ウィスラーのビレッジ内に、レインボーカラーのカラフルな横断歩道ができました。 レインボーカラーといえば、LGBTQの象徴ということは日本でも知られてきているかと思います。

 ウィスラーでは、なんと25周年にも渡って、毎年冬にPride weekイベントが催されており、世界各国から人が集まります。 ちなみにこのクロスウォークが一番最初に作られたのはバンクーバーなんですよ。

 ビレッジ内は2か所にこのクロスウォークがあります。 こんな明るい横断歩道があると、歩いているだけでも楽しい気分になりますね♪ 
(M.Y.)

9月19日(火)くもりのち雨 ひとこと日記

  Skookumchuckという温泉のあるキャンプ場へ行ってきました。 ウィスラーから車で2時間強、ハイウェイからオフロードを走り到着した温泉がこちらの写真。

 日本の温泉のイメージからはかけ離れているかもしれませんが、自然の中に浴槽がいくつも設置されています。 サイズも様々で、これ、浴槽なのか?というような形のものまであります。 外に置いてある割にはなかなか綺麗に整備されていて、温度も調整できるように水の蛇口もついています。

 夜には星の広がる夜空を見ながら久しぶりに入る湯船にほっこり癒されました。 夏のキャンプ場は山火事の恐れがあり火が焚けないことが多いので、こうやって温まれるところがあるのは嬉しいですね。
(M.O.)

9月19日(火) 今日の一枚

秋の清々しいハイキング
チャカマスレイクにて
<11:00am 撮影>

9月18日(月)雨 ひとこと日記

  先週、ウィスラーで毎年開催されているロードバイクの大会『Gran Fondo』に参加しました。 距離はバンクーバーからウィスラーまでの122km、総標高差は1900mのコースです。

 大会中はハイウェイの片車線がクローズとなり、景色が綺麗なSea to Sky Highway を、車を気にせずに漕げる貴重な機会なのですが、当日は残念ながら雨。 今年の夏は雨が少なかったのに、まるでこの日に照準を合わせたかのような強い雨でした(笑)

 雨に打たれ、もう景色がどうこう言っている余裕がないくらい激寒で、特にスピードがでる下り坂は泣きそうなくらい寒い… こんなに待ち遠しくない下り坂は人生初でした!  122kmは未知の距離でしたが、雨と寒さに心が折れそうになりながらも、タイムはともかく、なんとか無事に完走。 雨の中のGran Fondo、この夏のいい思い出となりました♪
(Y.N.)

9月18日(月) 今日の一枚

さぁ、もうじきまた始まるよーっ!
<6:30pm 撮影>

9月17日(日)雨 ひとこと日記

  ブラックタスク日帰りハイキングを乗り切った達成感から、どんどん他のハイキングトレイルも歩きたくなってきている私。 あれだけ長い距離歩けたんだからどこでも行ける気になり、先日カラハンエリアにあるBrew Lake(ブリューレイク)にハイキングに行ってきました。

 最初は森の中を緩やかに登っていくコースですが、途中から崖を何度も乗り越えていくような急斜面に。 片道5kmとそこまで距離の無いトレイルなので余裕だろうと高をくくっていたら、思いのほかハードでした・・・。

 ようやくたどり着いたBrew Lakeは山のくぼ地に出来た湖で、山に囲まれた静かな場所にあります。 3連休の真っ只中にもかかわらず人もほとんどおらず、のんびりと過ごすことが出来ました。 帰りも急な斜面を下り、トレイルヘッドに戻ってきた頃にはくたくた。 これくらいでヘトヘトな自分にちょっとがっかりしつつも、この達成感はやみつきになりそうです♪
(Y.N2.)

9月17日(日) 今日の一枚

60の醸造所、120種類のビールが楽しめます!
ウィスラービアフェスティバルのメイン会場にて
<15:00pm 撮影>

9月16日(土)くもり ひとこと日記

  先日ウィスラー山でハイキングを楽しんだ後に、ゴンドラに乗って下山していると、突然そのゴンドラが止まり、暫く動かなくなりました。 どうせ5分位すれば運転再開するだろうとのんびり待っていましたが、それが10分経っても、15分経っても全く動く気配なし。 

 かれこれ20分が経過し、さすがに不安になってきた頃に、ゴンドラやリフトが停止した際に運行状況を携帯電話のテキストで教えてくれるサービスを思い出したので、初めて このサービスを試してみした。 利用方法は簡単で、携帯電話から「991-99」の番号に「WBLIFT」とメッセージを送るだけ。 送信すると直ぐに返信があり、やはり停止している原因はただの故障とのこと。 更に普及状況などの連絡が逐一テキストで送られてきました。 結局、停止してから30分後に運転が再開し、 無事麓に到着することが出来ましたが、こうしたサービスがあると、何も知らされないまま待つより、ずっと安心できますね。
(S.K.)

9月15日(金)晴れ ひとこと日記

  先日バンクーバーにオープンした無印良品に続き、次はユニクロがバンクーバーにオープンします。 ユニクロも昨年トロントにオープンしていましたが、BC州では初めてのオープンとなります。

 場所も無印良品と同じ、メトロタウンにあるメトロポリスという大きなショッピングセンター内。 メトロポリスはSky Trainのメトロタウン駅の目の前にあるので、気軽に行くことができます。

 日本でおなじみのブランドがバンクーバーに立て続けにオープンし、日本の商品が海外でも注目をされている事は嬉しいですね。 オープン予定日の10月6日が待ち遠しいです。
(Y.S3.)

9月15日(金) 今日の一枚

グリーンレイクでのんびりカヌー
<12:40pm 撮影>

9月14日(木)晴れ ひとこと日記

  先日、レストラン「Wild Wood(ワイルドウッド)」へ行ってきました。 普段は、どちらかというと、朝食やランチに力を入れているレストランですが、ディナーも美味しいんです。

 写真の豚のBBQスペアリブは、柔らかいお肉に少し甘めのBBQソースがよく合い、とてもおいしい! 丸ごとひとつ一人で食べられそうな気もしますが、違うメニューも頼み、それぞれシェアをすることをお勧めします。 今回は他に、大きなエビのクリームパスタや、日替わりメニューのマグロ&アボカドサラダ丼?といったメニューを堪能。

 残念ながら、秋の間は朝食とランチのみの営業となるようですが、朝食のエッグベネディクトもお勧めです♪
(M.Y.)

9月14日(木) 今日の一枚

秋晴れのアルタレイク
<3:40pm 撮影>

9月13日(水)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーの夏はイベントがいっぱい! 夏になってから、トライアスロン、ヨガ、ロードバイク等ずっと何かのイベントが行われています。 ここ数日は秋になってきたなあ...と感じる日々ですが、ここで夏の最後にBeer Festivalが開催されます。

 5日間のイベントで、毎日様々な場所でビールが試飲できたり、レストランでコースのセットにビールが付いて来たりと、毎日が楽しみですね。 日本はラガーが基本ですが、カナダは黒ビールや地ビールも人気で多くの種類があります。

 詳しいスケジュールはこちらの公式ホームページからどうぞ。https://gibbonswhistler.com/festivals-events/whistler-village-beer-festival/
(M.O.)

9月13日(水) 今日の一枚

澄んだ青空と山の稜線が美しい
ロストレイク
<4:00pm 撮影>

9月12日(火)晴れ ひとこと日記

  先日、ビレッジ内の美容院で髪をバッサリ切って、切った髪の毛はウイッグ用にドネーションしてきました。

 カナダでは髪のドネーションはとてもポピュラーで、大人だけでなく子ども達も切った髪を寄付するのだとか。 最近では日本でも、有名人がドネーションした事をブログに上げたりと、認知度が上がっているみたいですね! 何cmから寄付が出来るかは美容院によって違うみたいですが、私が行った所は7インチ(17.5cm)から子ども用、8インチ(20.5cm)から大人のウイッグ用に寄付出来るみたいです。 これで誰かが笑顔になってくれるのなら、こんな嬉しい事は無いですよね。

 昨年、ハロウィンのお化け屋敷で「Creepy(気持ち悪い!)」と大好評だった貞子風幽霊に今年は変身出来なさそうですが、短めヘアはかなり快適です!
(Y.N.)

9月11日(月)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーの地ビールといえば、Whistler Brewing(ウィスラーブリューイング)やBrew House(ブリューハウス)が人気がありますが、私のおすすめはここ、Coast Mountain Brewing(コーストマウンテンブリューイング)。 昨年ウィスラーに出来たばかりですが、最近はローカルにはこちらのほうが人気があるように思います。

 ビレッジ内のレストランでも楽しめるところは増えてきましたが、ファンクションジャンクションにある醸造所も是非訪れて見てください。 飲み比べも出来るので、いろんな味を楽しむことが出来ます。

 中でもオススメはこの夏のシーズナルビールのSunbreak SAISON。 ビールらしい爽やかな苦味と、さっぱりとした後味が夏にぴったりのビールです。 ハイキングなどのアクティビティの後に、ついつい立ち寄ってしまう私なのでした。
(Y.N2.)

9月11日(月) 今日の一枚

秋のウェスタン乗馬
<11:00am 撮影>

9月10日(日)くもり ひとこと日記

  ノースバンクーバーにて毎週金曜日に行われる、シップヤーズナイトマーケットに行ってきました。 ここは、1906年から1992年までの間に約450隻の船を建造していた造船所跡地で、シップヤードとは造船所という意味だそうです。

 マーケット内には35を超えるフードトラック、近郊の農産物やお土産屋、雑貨などを扱っている売店、地元のミュージシャンによるライブ、更にはカナダでは珍しいビアガーデンもあります。 一通りお店を物色してから、今回は気になるタイ料理を扱うフードトラックでトムヤムクンを注文。 酸味とスパイスが効いた魚貝系スープにパクチーの独特な風味がマッチして、病みつきになる味でした。 

 ちなみに、夕方7:30pm位になると、会場隣にある桟橋から夕日が沈む景色も楽しめますので、桟橋にある椅子に座って食事をするのがお勧めです。
(S.K.)

9月9日(土)雨 ひとこと日記

  先日バンクーバーへ行ってきました。 バーナビーに用事があったので、ついでに8月26日にバンクーバーにオープンした「無印良品」へ寄ってきました。 すでにトロントには店舗あるのですが、バンクーバーでは1店舗目となります。

 場所はバーナビーのメトロタウンにあるメトロポリスというショッピングセンター。 店内は広く、置いてある商品は日本の無印良品そのもの。 おなじみのクッションなどが置いてあったり、生活用品など日本で使っていたものが、身近に手に入るようになりました。 カナダ限定のトートバッグもあり、お土産にも良さそうです。

 ちなみに、ダウンタウンのロブソン通りにもオープン準備をしていて、この秋にオープン予定です。
(Y.S3.)

9月9日(土) 今日の一枚

ロードバイクの大会 Gran Fondo
雨にも負けず疾走する選手達
<12:00pm 撮影>

9月8日(金)くもり ひとこと日記

  カナダに、世界一長いトレイル「The Great Trail」が完成しました! その全長は、なんと2万4千キロ! 世界で2番目に大きな国土を誇るカナダの、東海岸と西海岸が一本のトレイルでつながったのです。

 25年前から始まったこのプロジェクトは、カナダ各地のトレイルをひとつにつなげちゃおう!というもので、トレイルの種類は様々。 ハイキングや自転車トレイルに限らず、クロスカントリースキーやスノーモービル、カヌー・カヤックのコースなどが含まれています。 トレイルをよく見ると、海を渡っているのはそのためです。

 それにしても、2万4千キロというのはすごいです。 一日に50km移動したとして、何日かかるのか計算してみましたが、気が遠くなりました。 いつかこのトレイルを制覇する人が出てくるのでしょうか。
(M.Y.)

9月7日(木)くもり(煙) ひとこと日記

  この夏は、ウィスラーマウンテン頂上の一部で、ずっと工事が行われています。 夏のハイシーズン中にわざわざやらなくてもいいのにと思っていたのですが、ウィスラーボウル上空50mの所に『吊り橋』を建設中なのだとか。 わー、怖そう・・・

 この吊り橋は、この冬シーズン完成予定となっています。 完成したら、滑っている人達を上から見下ろす事ができるのでしょうか?

 ウィスラーマウンテンの吊り橋、完成が楽しみですね!
(Y.N.)

9月7日(木) 今日の一枚

水遊びを楽しむファミリー
アルタレイクにて
<12:00pm 撮影>

9月6日(水)くもり(煙) ひとこと日記

  ブラックタスクハイキング最終話(4話目はこちら)ついに、ついにやってきましたブラックタスクの山頂! 実は私、2年前にもブラックタスク登山をしているのですが、そのときには最後の岩登りが怖くてできず、登頂をあきらめていたのです・・・。 今回こそは!と挑んだブラックタスク(しかも日帰り!)、登りきったぞ! やったー!

 山頂は思ったよりも広く、そして何より360度見渡せる景色! ガリバルディレイクだけでなく、遠くにウィスラーのピークも見ることができます。 風も強く、見下ろすとすぐ下は切り立った崖、岩・・・。 あの岩の上にいるのだと思ったら足がすくむほどでしたが、山頂に立っていることを実感し、感無量です。

 登りよりも下りのほうが更に神経を使いますが、高さに慣れてしまったせいか、ほとんど恐怖感を感じることなく岩を降りることができました。 そこからまた来た道を10km以上戻るのもかなり疲れましたが、往復30km弱、時間にして12時間ほどの1日ハイキングを無事に終えることができました。 もうこのハイキングができたらどこでも行ける気がしちゃいますね! 次のハイキングが楽しみです♪
(Y.N2.)

9月5日(火)晴れ ひとこと日記

  バンクーバーに行ってきました。 ウィスラーからは2時間ぐらいのドライブです。 お買い物ついでに道を歩いて気付いたのですが、所々裏道が可愛い! ちなみにここはHastings Street(ヘイスティングス通り)とGranville Street(グランビル通り)の間の裏道です。 

 裏道というとゴミが捨てられていたり業者用のトラックがとまったり、あまり行きたいような場所ではないですが、こうやって明るくペイントされているだけで写真スポットに早変わりです。 これは市とダウンタウンのビジネス地域の組合で、裏道の活性化を図ってなされたそうなのですが、グッドアイデアですよね! バンクーバーのいくつかの箇所にあるそうですよ。 私もさっそく写真を撮っちゃいました。
(M.O.)

9月5日(火) 今日の一枚

煙で揺らぐペンバートンの朝日
<7:00am 撮影>

9月4日(月)晴れ ひとこと日記

  夏の人気ツアー、「ウェスタン乗馬」を催行している馬場を訪れると、オーナーの娘のメンフィス(3歳)と息子のウォーカー(7歳)が、いつも明るく出迎えてくれます。 オーナーファミリーは冬になると東部に帰ってしまうので、夏に再会した際は、子供たちの成長を見るのが私の楽しみの一つ。

 今年は、ウォーカーが馬場の手伝いを始めたみたいで、馬の世話をしたり、乗馬の出発準備をしている姿を見かけます。 しかも、数十頭もいる馬の名前と性格を殆ど把握しているなんて、とても偉い! シャイな性格のせいか記念撮影を少し恥ずかしがったりしますが、優しいお兄ちゃんなので、馬場で見かけた時は是非声を掛けてみて下さい♪
(S.K.)

9月3日(日)晴れ ひとこと日記

  ブラックタスクハイキング4話目(3話目はこちら)急斜面を登りきると、いよいよ眼前にブラックタスクの岩山が! ここまでも長い距離を歩いてきて体力がなくなってきている中、とても緊張感のある道を登らないといけません。

 ここからはセミロッククライミングで、両手も使って登ります。 また、ブラックタスクの岩は脆く、掴んでも動きそうな岩ばかり。 落ちる危険はもちろん、岩を落とさないようにドキドキしながら、慎重に足場を選び一歩づつ進んで登りました。

 周りにいた登山者にも、登れないと判断した方もおり、ロープもないので無理はしない方が良さそうです。 この崖を数メートル登ると、いよいよ山頂までもう少し! 次回いよいよ最終話です!
(Y.S3.)

9月3日(日) 今日の一枚

人気の写真撮影ポイント
@ウィスラー山頂
<12:00pm 撮影>

9月2日(土)晴れ ひとこと日記

  ブラックタスクハイキング3話目(2話目はこちら)さっきまでお花がたくさんあって天国みたいだったのに、ここからは岩場の急斜面になり、一気に緊張感が高まります。 それにしても近くでみるブラックタスクは、いつも遠くから見ていたブラックタスクとは全然印象が違ってびっくり。 こんな形だったっけ?

 滑ってなかなか前に進まない細かい岩場の急斜面を登り終えると、次は尾根伝いを歩いて行きます。 右側は崖だし、左側は足を滑らすと一生止まらなさそうな急斜面だし…風も強くてあおられるのでドキドキしながら歩いていきました。

 でも本当のスリルはこの先からでした。 ここからついにロッククライミング(?)のような登りになります。 かなり引っ張りますが、次回に続きます!
(Y.N.)

9月1日(金)晴れ ひとこと日記

  (ブラックタスクハイキング 1話目はこちら) ブラックタスクの道中は、テイラーメドウズ、ブラックタスクメドウズと呼ばれる湿地帯を通ります。 8月も終わりの時期にもかかわらず、ルーピンやモンキーフラワー、カノコソウ、アーニカと色とりどりの花が咲き乱れており、さながらお花畑のようでした。 写真はウェスタンアネモネの穂。 こちらは花が終わったあとなのですが、モリゾーとキッコロみたいで可愛いんです。

 ここまでで約10キロ。 遠くにブラックタスクを眺めながら、まだまだ遠い道のりだな〜と思いつつも、可愛らしい花たちに癒やされながら歩いていきます。 でもここからが、この登山道の本番…! 急斜面のハイクに突入します。 さらに次回に続きます!
(Y.N2.)

9月1日(金) 今日の一枚

ターコイズブルーに輝く
ミドル・ジョフリーレイク
<10:45am 撮影>

8月31日(木)くもり時々晴れ ひとこと日記

  先日天気も良かったのでフリスビーゴルフへ行ってきました。 ここはビレッジから北に自転車で15分程走った山の中に作られており簡単にアクセスできます。 しかも無料なのが嬉しいところ! ビレッジのスポーツショップで$15程でフリスビーゴルフ用の少し頑丈なフリスビーを買いいざ出発。

 フリスビーゴルフ自体したことがなかったので、「本当に楽しいの?」と疑いながら行ったのですが、、、これは本当に楽しいです。 全27ホールあり、それらが山の中に、時には岩場などに設置されています。 ハイキングをしながら次のホールを探し、投げどころによっては木々の中をかきわけながら進んでいきます。

 一緒に行った人と勝負しながら進むと盛り上がって楽しいですよ。 無料でハイキングをしながらゲームが楽しめる、一石三鳥のアクティビティです。 
(M.O)

8月30日(水)晴れのちくもり ひとこと日記

  ビレッジ内のお土産屋さんで、2018年度のカレンダーを販売していました。 種類はウィスラー、バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州があり、早速ウィスラーバージョンをめくってみると、ハイキングで定番の場所から、有名なビューポイント等々、どれも素晴らしい景観の写真が載っています!

 一通り眺めてみると、「おやっ??」と気になった点が一つ。 上の写真はハイキングで人気のジョフリーレイクスの1つ、ミドルレイクのはずが、アッパーレイクと書かれています。 一瞬私の勘違いかと思いましたが、毎年何度も登っているコースなので、ここは絶対にミドルレイクに違いありません・・・。 というように、若干の間違いはありますが、きれいな写真が満載なので、お土産としてもお勧めです♪
(S.K.)

8月30日(水) 今日の一枚

くもりのせいか、人がまばらなロストレイク。
<5:15pm 撮影>

8月29日(火)晴れ ひとこと日記

  昨日はJapanadaスタッフで、ウィスラー山頂から見えるブラックタスクへ行ってきました。 ずっと登りたいと眺めていた山に登れるとあって、早朝の出発もしっかりと目が覚め、目指すは山頂のみ!

 ブラックタスクの山頂までは、距離約15km、標高差約1700mと長い道のりを歩きます。 まずはラブルクリークから、ガリバルディレイクへ向かうトレイルを登って行きますが、7kmをすこし過ぎた地点でバリアと呼ばれる場所に少し寄り道。 景色が開けていて写真のような崖を眺めることができます。 バリアは1855年に一度大崩壊したそうですが、今でもガラガラと音をたてて石が崩れ落ちていました。

 岩に座って休憩を取りやすいポイントなので、少し寄り道をするのもお勧めです。 山頂までの様子はまた後日更新していきますので、お楽しみに。
(Y.S3.)

8月28日(月)晴れ ひとこと日記

  カナダ各地にはワイナリーがあることはご存知のかたも多いはず。 BC州にもワイナリーが多く点在していますが、とくにオカナガンと呼ばれる地域は、ワインの産地として有名です。 

 先日のプチ旅行の際には、3、4か所のワイナリーに寄り道してきました。 そのうちの二つはまだ新しく、ひとつはオープンして1年、もうひとつはなんとまだ3ヵ月。 ワイナリーといえば、試飲。 私はあまり飲めないので香りだけ楽しみましたが、どこのワイナリーもファーム自体が綺麗でオシャレな造りで、それぞれ自慢のワインを試飲させてくれました。 

 ワインに詳しくなれたら、ワイナリー巡りももっと楽しめそうなので、ちょっと興味をそそられました。 まずはお酒に強くなるところからスタートでしょうか…?
(M.Y.)

8月28日(月) 今日の一枚

ブラックタスク。
明日はみんなでここに登ってきます♪
<4:45pm 撮影>

8月27日(日)晴れ ひとこと日記

  ハリソンホットスプリングスという所へ、一泊二日のプチ旅行へ行ってきました。 ウィスラーから車を走らせること3時間。 湖に面した可愛らしい町に到着です。

 ここも観光地ですが、平日のためか静かでのんびり。 ホットスプリングスという名の通り、近くで温泉が湧いています。 今回は温泉には入りませんでしたが、目の前に広がる湖にとても癒されました。

 ここはバンクーバーからの距離はウィスラーまでの距離と変わらない所に位置しています。 とても良い町ですが、同じリゾート地として比べると、ウィスラーの良さも改めて感じたのでした。
(M.Y.)

8月27日(日) 今日の一枚

グリーンレイクに浮かぶウィスラーマウンテン
<5:30pm 撮影>

8月26日(土)晴れ ひとこと日記

  ペンバートンメドウズゴルフコース内に、今年から新しくミニゴルフコースができました。 ゴルフをする私としては、ミニゴルフってパターの練習でしょ、位にしか思っていなかったのですが、先日友達とプレーをしたところなかなか面白い!

 18ホールのコースはトンネルが付いていたり、壁に当ててホールを狙ったりと普通のゴルフとはまったく違うので、ゲーム感覚で誰でも楽しむことができます。 もちろん子供もOK。 5歳以下は無料、大人でも$6なので気軽に楽しめるのもいいですね。 プレー後はゴルフ場のクラブハウスでかんぱーい!と楽しい休日を過ごしました。
(Y.N2.)

8月25日(金)くもり ひとこと日記

  趣味のDIYをするための材料を買いに、隣町スコーミッシュにあるホームセンター「ホームディポ」へ行って来ました。 ここは大型店舗内に、木材、電気、水回り、工具などなど、日曜大工に必要なものは、何でも揃います。 日本では見かけないような物珍しい道具も多数あるので、好きな人は時間を忘れて長居してしまうかもしれません。 

 今回私の目当ては、木材と電気工具。 工具の説明を聞いていると、店員さんの名札に話せる言語が書いてあることに気がついたので、日本語を喋れるスタッフがいるかと尋ねてみると、なんと日本語で接客できるカナディアンが登場。 流暢までとはいかないものの、日本語に英語を交えながら親切な接客をしてくれたので、安心してショッピングを楽しめました。
(S.K.)

8月25日(金) 今日の一枚

グリーンレイクの釣り人
<2:30pm 撮影>

8月24日(木)くもり ひとこと日記

  実はウィスラーには14つのテニスコートがあります。その中には、リゾートテニスとしてホテルに併設された場所もありますが、ほとんどは公園や住宅地の側にあり、誰でも利用できるようになっています。

 家の近くにもテニスコートがあるのですが、帰りにコートを通るとテニスをしている人達がいたり、子供のレッスンをしているところを見かることもあります。

 昨日は空いている時間を狙って午前中の涼しい時間にテニスをしてきました。 早起きをして気持ちよく汗を流しすと、1日を長く感じられ、充実した日となりました。
(Y.S3.)

8月24日(木) 今日の一枚

コミカルな動きとジャグリングで
楽しませるストリートパフォーマー
<1:00pm 撮影>

8月23日(水)くもり ひとこと日記

  8/11-8/20までは「Crankworks」という自転車のワールドツアーで、ウィスラーは毎日盛り上がっていました! 日本では見れない様々な種目が行われており、毎日大興奮!

 中でも1番盛り上がるのは「Red Bull Joy Ride」というスロープスタイルの大会で、世界のトップライダーたちが、ウィスラーマウンテンに作られたあり得ないサイズのジャンプやアイテムで、人間離れしたものすごい技を見せてくれます。

 私は初めて自転車の大会を見ましたが、こんなすごい大会は生で見たことありません・・・感動です。 みんなどんな練習をしてここまでたどり着いたのでしょうか。 感動をありがとう、選手のみなさん。 日本もマウンテンバイクがだんだん流行ってきていますね。 いつかこういう世界大会でも日本人の姿が見れるといいですね。 
(M.O.)

8月22日(火)晴れ ひとこと日記

  2ヵ月前から新しくロードバイクを始めました。 週に1度は、ウィスラーから南に車で30分程の場所にある、 Whistler Olympic Parkまで漕いでトレーニングしています。

 Whistler Olympic Parkはカラハンという場所にあり、2010年のバンクーバーオリンピックの際には、クロスカントリーやジャンプ競技が行われました。 夏はイベントに使われたり、写真の様にバイアスロンの体験が出来たりもします!

 ちなみに、ブラックベアがよくいるスポットでもあり、トレーニング中にクマの親子を見かけた事もあります。 アップダウンがあって、かなりキツイコースですが、車もほとんど通らす、ブラックタスクも見えるのでロードバイクの練習にはもってこいです。 9月に大会に出る予定なので、それに向けて練習頑張ります!
(Y.N.)

8月22日(火) 今日の一枚

この上ない景色で楽しむSUP
ジョフリーレイクにて
<2:45pm 撮影>

8月21日(月)晴れ ひとこと日記

 カナダにはたくさんの先住民族がおり、バンクーバー空港の各所には、トーテムポールや彫刻などの先住民アートが飾られています。 国際線出発ゲート付近にある、一際目を引くこちらの大きな像もその一つです。

 この作品はハイダ・グワイ島に居住しているハイダ族と呼ばれる民族の伝統美術作品。 製作者のビル・リードは、先住民アートの復興に大きな役割を果たしたことで、有名で、バンクーバー市内にも美術館があります。 こちらの作品は「The Jade Canoe(翡翠のカヌー)」。 その名の通り、翡翠でできています。 カヌーにはハイダ族に古くから伝わる神話に基づいた動物や精霊たちが乗っています。 

 英語の解説もついているので、見かけた際には、どんな動物がのっているのか探してみてくださいね。
(M.Y.)

8月20日(日)晴れ ひとこと日記

  今日は隣町ペンバートンでSlow Food Cycleという、農場を自転車でのんびり回るイベントに参加してきました。 ペンバートンは山の中にあるウィスラーとは異なり、カナダの田舎らしい農場や牧場が広がっています。 このイベントでは、片道23km区間にある各農場を自転車に乗って訪れ、産地直送の野菜を使った食べ物を楽しむイベントとなっています。

 朝9:30頃出発し、すぐに一つ目の農場に到着。 ここではオーガニックの野菜や果物、そのほかにワッフルの屋台やコンブチャという健康飲料の屋台があったりと大賑わい。 その後もいろいろな農場/牧場に立ち寄って、10kmほど漕いだところでライブミュージックをやっている農場を発見。 ここでランチ休憩となりました。 ペンバートン名物のジャガイモを使った料理や、農場直送地ビール、ハンバーガーなどに舌鼓。 自転車で回ってヘルシーかと思いきやその分結構食べてしまいました(笑)

 私たちは結局10km地点でのんびりしてしまい、そこから折り返して終了しました。 こんなゆるーいイベントもカナダらしくてなかなか楽しかったですよ♪
(Y.N2.)