10月18日(水) 今日の一枚

早くも今シーズン2回目となる山麓での雪
<11:00am 撮影>

10月17日(火)雨のちくもり ひとこと日記

  頂きもの続きとなりますが、こちらはバンクーバーで日本人の夫婦が経営している「Coconama」というチョコレートです。

 日本では人気の製菓会社でチョコレートを作っていた方だそうで、なめらかな口どけで、素材からこだわって作っているのがわかります。 抹茶やマンゴー、ミルクティーなど味の種類も豊富で、また食べたくなるような優しい甘さでした。

 バンクーバーに店舗があり、ホームページからも購入できますが、ウィスラーで行われているファーマーズマーケットでも販売しており、バンクーバー近郊のイベントなどにも出店しています。
(Y.S3)

10月17日(火) 今日の一枚

川辺で遊ぶウィスラーキッズ達♪
<2:00pm 撮影>

10月16日(月)くもり時々雨 ひとこと日記

  先日、Vegan Puddingなるものをいただきました。 ビーガンは乳製品や卵といった動物性のものを一切口にしない、完全菜食主義のことを指します。

 プリンといえば卵と牛乳が主な材料ですが、このビーガンプリンはどちらも一切使用していないんだとか! 主な材料は、カボチャ、ココナッツミルク、メープルシロップ。 味も、ストロベリー、抹茶、アールグレイと色々でとっても美味しかったです。

 プリンまでビーガンになるとは、驚きでした。 お店はバンクーバーのダウンタウンにあるそうなので、今度立ち寄ってみたいお店のひとつになりました♪
(M.Y.)

10月15日(日)くもり時々雨 ひとこと日記

  先日麓でも初雪を観測したウィスラー。 なんだか秋をすっ飛ばして突然冬になってしまったような気さえしますが、雪が降り続いているわけではないので、お天気によってはハイキングもまだ楽しむことが出来ます。

 先日行ってきたのはペンバートンの更に北にあるTenquille Lake。 いくつかのハイキングコースがありますが、一番簡単なところでは、2時間ほどでエメラルド色の湖まで行くことができます。 この日も結構冷えるなーと思いながら歩いていましたが、湖近くになって雪がちらつき始め、到着する頃には本格的な雪に・・・。 それでも湖畔には、誰でも使用できるキャビンがあるので、そこでランチ休憩してほっと一息。

 帰りも雪が舞う中帰ってきましたが、美しい湖と雪、紅葉を一緒に楽しむことが出来て満足! 道もまだそこまで雪深くないので、通常のハイキングシューズでも問題なく歩けましたよ。 スノーシーズンを待ち遠しく思いながら、サマーシーズンもまだまだ楽しみたい私なのでした。
(Y.N2.)

10月15日(日) 今日の一枚

青空が広がりだした午後のグリーンレイク
<3:30pm 撮影>

10月14日(土)くもり時々雨 ひとこと日記

  10月中旬にさしかかり、 紅葉が綺麗な時期になってくると、スーパーやディスカウントストアなどでは、毎年ハロウィーン商戦が始まります。 お化けやゾンビといった衣装や、ジャック・オー・ランタン用のカボチャ、お菓子等々、様々な商品が陳列されていて、それらを見て回るだけでも楽しめます。

 この日は、来週日本に一時帰国する際のお土産を買いにバンクーバーの大型ストアへやってきたのですが、やはりカラフルなハロウィーンコーナーに足を止める人達が多く、私も同じように商品を眺めてみると、お土産に良さそうなお菓子等を見つけました。 結局お土産の半分以上が、ハロウィーン関連の商品となってしまいましたが、時期的にも良いかと思うので、満足いく買い物が出来ました。

 思えば、私がカナダにやってきた7年前は、日本で一部の人たちが仮装してパーティーをする位の認知度だったと思うのでうが、現在はどうでしょう? インターネットのニュースを見ると、日本各地でハロウィーン関係のイベントを楽しんでいるように映っていますので、日本に帰国した際の楽しみでもあります。
(S.K.)

10月13日(金)雪のちくもり ひとこと日記

  本日は山の麓でも初雪が降り、冬が間近に迫ってきています。 そうなると食べたくなるのは温かいラーメン! バンクーバーはアジア系のレストランが多いことは知られていますが、最近は日本食の中でもラーメンが注目され、新しいお店が続々と出店しています。

 先日行ってきたのは、2015年からオープンしている福岡に本店がある「暖暮」。 麺の硬さやスープの濃さを選べたり、替玉があったりと、日本のラーメンの味をそのまま楽しめました。

 こうなると他のお店も気になるので、またバンクーバーに行くときは、食べに行ってみようと思います。
(Y.S3)

10月13日(金) 今日の一枚

山麓の初雪♪
<8:30am 撮影>

10月12日(木)雨 ひとこと日記

  ちょくちょくお伝えしていたユニクロが、ついにオープンしたので、早速行ってみました! ユニクロを心待ちにしている人は多かったため、オープン決定当初からニュース記事になるほどで、オープン日は入店待ちしないと入れなかったのだとか。

 オープンから約一週間。 平日ということもあり、思いのほか混雑はしていませんでしたが、他のお店と比べるとその差は歴然。 気になるお値段は、日本の価格より若干お高めですが、全く気になりません。 

 カナダでユニクロのヒートテックやダウンジャケットが手に入れることができるので、この冬は安心して過ごせそうです♪
(M.Y.)

10月11日(水)雨 ひとこと日記

  (前回の続き)カナディアンロッキー最終章 ウィスラーの山々は針葉樹がほとんどを占めており、青々とした針葉樹林に雪が積もった様子は、いつ見ても美しいなと思うほどですが、残念ながら大規模な紅葉を見る事は出来ません。(それでもベリー類などは紅葉し、秋のウィスラーも綺麗ですよ!) 今回カナディアンロッキー旅行で訪れたのは、カラマツの紅葉が美しいその名もLarch Valley(ラーチバレー=カラマツの谷)。

 このハイキングトレイルは氷河の湖で有名なモレーンレイクから出発し、Ten Peaksの麓を歩くコース。 紅葉が最盛期ということもあり、平日ながら沢山の人で賑わっていました。 今回はラーチバレーから更に足を延ばして、切り立った荒々しい岩山を見渡すことが出来るセンチネルパスまでハイキングをしてきました。 穏やかな雰囲気のラーチバレーとうってかわって、厳しい表情を見せる景色に圧倒されるほどでした。

 結局この日は12km歩き、総ハイキング距離は4日で65km程。 毎日歩いて疲れるかなと思いきや、歩き切った満足感でまたまたハイキングに行きたい欲が増してしまいました(笑) ウィスラーも徐々に冬が近付いて来ていますが、まだまだ歩くぞー!
(Y.N2.)

10月11日(水) 今日の一枚

小雨降るビレッジ。奥の山は雪化粧。
<2:30pm 撮影>

10月10日(火)くもり時々雨 ひとこと日記

  ウィスラー在住の韓国人の友達は、かなりの日本食好きで、ウィスラーだけでなくバンクーバーにある色々な日本食レストランへも足しげく通っています。 今日はそんな彼がお勧めするスシガーデンというレストランへやってきました。 レストランの場所はバンクーバーはメトロタウンにあり、ランチやディナーの時間帯は行列ができるほどの人気店。 彼曰く、ここのお店は韓国人が経営していて、本格的な日本食から韓国料理まで楽しめるそうです。

 今回私が注文した料理は画像の海鮮丼。 サーモン、マグロ、エビ、タコ、赤貝が載って、丁度$10。 ネタの種類が若干少ない気もしましたが、厚切りの新鮮な魚貝で大満足のボリュームでした。 友人が注文した焼うどんは、コチュジャンでしょうか?韓国的なピリッとした辛さの後に甘じょっぱい、クセになる味付けで、これまた美味しかったです。 他にも試してみたいメニューが沢山ありましたので、次回の楽しみにしたいと思います。
(S.K.)

10月9日(月)晴れ ひとこと日記

  ホテルのトイレやフロアなどの清掃の後に、よく滑りやすいので注意というサインが設置されていますが、昨日はなんと、バナナの形をした看板を見つけてしまいました。

 たしかに、この形なら前後左右から見やすく、滑りやすいと連想させられ、ユニークなのでついつい目がいってしまいます。

 こういった工夫の中に遊び心があり、面白いですね。 そして、バナナの皮は滑るというイメージは世界共通ということがわかりました。
(Y.S3.)

10月9日(月) 今日の一枚

色づき始めた山麓の広葉樹
<2:10pm 撮影>

10月8日(日)晴れ ひとこと日記

  この週末はThanks Giving Dayの為、祝日連休のカナダです。 この連休中、ウィスラーでは毎年恒例のTurkey Saleという大規模なセールが各ショップで行われています。

 セール中の目玉商品は、なんといってもスキー・スノーボード用品! 型落ちのモデルが格安で手に入り、今年の新しいモデルは割引価格になることも。 バンクーバーや近隣の町からも人が訪れるため、ビレッジは大賑わいです。

 かくいう私も、軽い気持ちで見に行ったWhistler Blackcombのセール会場で、半額になっていた昨シーズンモデルのスノーボードを購入。 良い買い物ができました♪ 新しい板で、ますます冬シーズンへのテンションが高まります! 
(M.Y.)

10月7日(土)くもり ひとこと日記

  (前回の続き)カナディアンロッキーハイキング前半は、マウントロブソン州立公園内を3日間かけて歩くハイキング。 1日目は登山口から11km先のキャンプ場まで、2日目はロブソンマウンテンが見渡せるハイキングトレイルを20kmほど、3日目はキャンプ場から11km下る計画でハイキングをスタートしました。 でも、ハイキングトレイルが思いのほか平坦で歩きやすかったこともあり、途中コースを変更して最終的には3日間で52kmと、思いがけずビッグハイクになりました。

 この3日間は天気があまりよくなかったこともあり、3954mのマウントロブソンの全貌を見ることは叶いませんでしたが、迫力満点のエンペラーフォールズ、湖にせり出してそびえるバーグ氷河、ターコイズブルーが美しいバーグレイク、そして時折はるか空の上に見えるマウントロブソンの山頂など、その山の偉大さと景色を存分に楽しむことが出来ました。

 次回はウィスラーでは見る事が出来ない、カラマツの紅葉の様子をご紹介します!(次回に続く)
(Y.N2.)

10月7日(土) 今日の一枚

幻想的な雰囲気のチャカマス・レイク
<10:45am 撮影>

10月6日(金)くもり後雨 ひとこと日記

  昨日まで晴れ日が続き、朝晩は冷えるものの、日中は上着が必要ないほどのポカポカ陽気のウィスラー。 そのおかげで数日前に降った山の上部の雪は殆ど融け、気分はハイキングやマウンテンバイクをしたくなるような夏の感じに逆戻りしてしまいました。

 季節感が逆行しているのは、何も人だけでなく植物も同じ。 その証拠に、近所のトレイル脇には、夏の陽気に季節を間違えて咲いている花がありました。 画像の植物は「ルピナス」、花期は6月~8月中旬位なので、既に花は枯れ、種子すら地面に落ちてしまっている時期なのに、こんなに見事に咲いていました。 周りには他にも蕾がいくつかあったのですが、今日から数日間ウィスラーは雨予報。 せっかくここまで育ってくれたので、寒さに負けず、しっかりと咲いてほしいですね。
(S.K.)

10月5日(木)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーヴィレッジ内のレストランでは、天気が良い日は外のパティオで食事やお酒を楽しむ人が多く、歩いていると何やら賑やかなテーブルが。

 女性3人が、口元に面白い顔をしたヒゲの男性のパネル?をつけて、お互いを笑い合っていました。通りすぎようとしたら突然「写真撮ってく?」と声をかけられ、面白かったので撮ろうとしたら、しっかりポーズも決めて撮影。 しかも、よく見るとテーブルには他のパターンの顔が!

 こういった賑やかでフレンドリーなところもウィスラーの魅力ですね。
(Y.S3.)

10月5日(木) 今日の一枚

退屈そうなお隣の看板犬
デイジーちゃん
<12:00pm 撮影>

10月4日(水)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーはすっかり秋も深まり、朝晩は息が白くなるほどに寒くなってきました。 ビレッジ内の街路樹も赤く綺麗に色づいています。

 よくウィスラーの紅葉はどうですか?というご質問を受けますが、実はウィスラー近辺に自生している樹木のほとんどは杉をはじめとした針葉樹林なので、山は一年中青々としています。 この辺りでメープル(楓)の木のように葉が赤くなるのは、ほぼ植林されたものです。

 ちなみに、日本で紅葉といえばモミジが有名ですが、英語ではJapanese Mapleと呼ばれているんですよ。 なんだかメープルの木に一層親近感が湧きますね。
(M.Y.) 

10月3日(火)晴れ ひとこと日記

  こんにちは、Y.N.です。 私事ですが、この度、日本へ帰国する事となりました。

 スキー旅行で来たウィスラーに魅了され、「ここに住みたい!」と会社を退職しウィスラーへ。 当初は1年だけの予定でしたが、あまりに居心地が良すぎて、気付けば丸3年近く時が過ぎていました。 日々のジャパナダの仕事もとても楽しく、「ウィスラーいい所ですね」と言って頂けるのがすごく嬉しかったです。

 正直、まだ帰国という実感が湧きませんが、これからは、ウィスラーでのご縁を大切にしながら、また日本で1から頑張ろうと思います。

 皆様本当にありがとうございました。
(Y.N.)

10月3日(火) 今日の一枚

陽射しが暖かい昼下がりのアルファ・レイク
<3:00pm 撮影>

10月2日(月)晴れ ひとこと日記

  夏の繁忙期も徐々に落ち着いてきたので、カナディアンロッキーに1週間程旅行してきました。 たまにお客様から、「ウィスラーからロッキーは見えますか?」と聞かれることもありますが、ウィスラーからカナディアンロッキーの中心の町バンフまでは800kmほど、東京⇔広島間くらいあるので、同じカナダ国内といえどもさすがに見ることはできません。

 今回の旅行ではカナディアンロッキーの最高峰のMt. Robson(マウントロブソン 3954m)のある州立公園内と、紅葉の綺麗なLarch Valley(ラーチバレー)をハイキングするのが目的。 ウィスラーの山は火山の噴火によって出来た山ですが、バンフの山は大陸が押されたことによって隆起した山々で、標高も高い山が多く、切り立った崖や地層が見えるのが特徴です。

 まずはマウントロブソン国立公園内のバーグレイクトレイルを3日間かけて歩きます。(次回へ続く)
(Y.N2.)

10月1日(日)晴れ ひとこと日記

  昨日に続いてのキノコネタとなりますが、私もそろそろマツタケがあるのではと思い、近所の森でマツタケ狩りをしてきました。 前日までの雨の影響で森の中は程よい湿気があるものの、やはり未だシーズンが早く、全体的にキノコは少なめ。 今回はダメかなと思いながら探し続けること20分、ついに待望のマツタケを発見! 足元にほんの少しだけ傘を出していた今年の初物は、程よい大きさと香りで、丁度食べ頃のものでした。

 その後もこの周辺を中心に探しましたが、結局見つけたのは一つだけ。 普段は一つ見つけると周囲でもう2つ3つ見つかるだけに、少しがっかりしましたが、シーズン初めなので、これでも大満足! 言うまでもなくこの日の晩は、めでたく秋の味覚を堪能できたのでした。
(S.K.)

10月1日(日) 今日の一枚

夕焼けに染まるウェッジマウンテン
<6:45pm 撮影>

9月30日(土)くもり時々雨 ひとこと日記

  最近は雨が降った晴れたりと不安定な天気が続きますが、そんな中でも秋ならではの楽しみに、マツタケ探しがあります。

 先日はオリンピックパークがあるカラハンエリアの、湖を1周できるトレイルを歩きながら探してきました。 まだ十分に土も湿っておらず、マツタケや他に食べられそうなキノコすら採ることができませんでしたが、キノコが群生している箇所では、写真のようなムーミンの世界にでてきそうなキノコも。

 これはウーリーシャントレールというキノコで、シャントレール(アンズタケ)と呼ばれる美味しいキノコの「偽物」でしたが、今回は事前に特徴を聞いていたので判別できました。 最近気温も下がってきているので、そろそろマツタケも出てきてほしいですね。
(Y.S3.)