5月21日(月) 今日の一枚

2017-18スキーシーズン最終日!
大盛り上がりのブラッコム山
<12:00pm 撮影>

割安!便利なパシフィックコーチライン♪

  バンクーバー空港からウィスラー直通バス、パシフィックコーチラインの料金がお安くなり、更に利用しやすくなりました! 近年、ウィスラーまでの路線を提供するバス会社が増えてきましたが、料金と便利さではイチオシのパシフィックコーチ。 空港直通の便利なスカイリンクス路線と、バンクーバーダウンタウンからご利用いただけるウィスラーエキスプレス路線の2路線がご利用頂けます。

 今回はそんなパシフィックコーチラインのオススメポイントを詳しくご説明します! 

<オススメポイント その①> 割安な料金設定
空港発着サービスを提供している会社は2018年春現在で、3社(パシフィックコーチライン、Perimeter、Ridebooker)ありますが、その中でパシフィックコーチのスカイリンクスが一番割安。 空港便を往復でご予約いただいた場合には往復割引が適用となり、$10引きでご利用いただけます。 料金はこちら

<オススメポイント その②> Door to Doorサービス
空港からウィスラーまで直通なのはもちろん、ウィスラー内の主要ホテル(※停車ホテルはこちら)までの送迎が含まれています。 重い荷物を引きずっての移動は想像以上に大変です。 空港の乗り場も国際線到着ロビー階にあり、出口から徒歩20秒のところにあるので、大きな荷物がある場合やお子様連れの場合でも安心です。 バス乗り場まで、空港内のカートがそのまま使用できるのも◎

<オススメポイント その③> ウィスラーエキスプレス路線は更にお得!
バンクーバーダウンタウン⇔ウィスラー間の場合、なんと従来の約半額の料金となりました。 ダウンタウンはバラード駅から乗降車できるので、ダウンタウンにご滞在のお客様には非常に便利。 従来はグレイハウンドバスが料金的に一番お得でしたが、予約の時期や荷物の量によっては、ウィスラーエキスプレスのほうがお得な場合も。

<オススメポイント その④> 便利な無料Wi-Fi
バスの中では無料のWi-Fiが使用できます。 ウィスラーまでの道中、ちょっとした調べ物なども出来きちゃいます。

<オススメポイント その⑤> 安心のお手洗い付き
パシフィックコーチラインのほぼすべての車両にトイレが付いています。 空港からウィスラーまでは2.5時間~3時間ほどですが、あるのと無いのでは気分的に違いますよね。

お申込み、お問い合わせはinfo@japanada.comまで!

5月20日(日)くもり時々雨 ひとこと日記

  春シーズンになり雪解けが進むと、夏は湖だった場所に水たまりができます。 春スキーの楽しみの一つにPond Skim(ポンドスキム)があり、水たまりの上をスキーやスノーボードで滑り抜ける遊びができるんです。

 十分な助走がないと対岸に届かず水に浸かってしまいますが、上手く滑り抜けられれば濡れずに遊べます。 もちろん水はとても冷たく、失敗し水浸しになることもありますが、日差しがあり暖かい日であれば大丈夫!?

 21日でスキー場営業は終了してしまいますが、最終営業日には80年代のウェアや仮装をして滑るGaper Day(ゲイパーデイ)というイベントがあり、仮装をしたままポンドスキムを楽しむ人達もいます。 雪解けが進むおかげでできる遊びもあるので、もう少し長く滑りたいと思う今日でした。
(Y.S3)

5月20日(日) 今日の一枚

水量が増したリバーオブゴールデンドリーム 
<4:00pm 撮影>

5月19日(土)くもり時々雨 ひとこと日記

  ウィスラーは地域柄、外で行うアクティビティが多いですが、雨が降った日やのんびりしたい日には、ビレッジ内にある美術館がオススメです。

 2016年にオープンしたばかりのAudain Museumにはオデインさんというバンクーバーの方が個人所有している作品が展示されており、先住民アートの作品や、19世紀後半から現代にかけてのBC州を代表するアーティストの美術作品や楽しむことができます。 中にはカナダを代表する画家のエミリー・カーや、先住民アートで有名なビル・リードの作品も。

 ミュージアムで時々ヨガクラスを行っているのですが、これはウィスラーらしいところですね。 気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
(M.Y.)

5月18日(金)くもり時々晴れ ひとこと日記

  先日バンクーバーに行った際に、Mobi Bike(モビバイク)を初めて使用しました! Mobi Bikeとは、2016年に始まったシェア自転車で、バンクーバーダウンタウンを中心に、150箇所以上のステーションと1500台の自転車が使用できるサービスとなっています。

 まずオンラインまたは専用のアプリをダウンロードして、利用プランの登録が必要となります。 利用プランは1回ごと(30分の乗車)に支払うプランか、24時間プラン、90日プラン、1年プランと使用する頻度に応じて選ぶことが出来ます。 プランを決めたら、支払用のクレジットカード情報を登録すると、7桁の番号が発行されるので、それを持って借りたい自転車に入力するだけ。 自転車にはヘルメットも備え付けられているので、準備が無くても安全に使用できるのが良いですね。

 この日の目的地が、バスでは少し行きにくいところで、バスの乗り換えが2回もあり、バス停までの時間も含めて45分ほどかかってしまう場所でしたが、自転車なら20分ほどで到着! 天気のいい日には使いやすく、移動範囲も広がるのでおすすめです。 詳しくはこちら
(Y.N2.)

5月18日(金) 今日の一枚

穏やかに時間が流れるウィスラー 
<3:00pm 撮影>

5月17日(木)晴れ ひとこと日記

  快晴が続くウィスラー。 近所の雪はすっかり融け、トレイル沿いには可愛らしい花達がすくすくと育っています。 写真に写るのは薄青(紫)色の小さな花弁と、中央に黄色と白色の小斑点を持つ勿忘草。 日本で栽培すると夏の暑さで枯れてしまうことから、園芸上は秋まきの一年生植物として扱われていますが、こちらカナダでは春から夏にかけて綺麗な花を咲かせてくれます。

 更に周囲に目を向けると、これから蕾をつける花達もあります。 画面中央にある細長い葉っぱが特徴的な植物の正体はルピナス。 バンクーバーやスコーミッシュでは既に咲いていますが、こちらではあと1-2週間後位に咲き始めそうです。 ウィスラーでは、これから様々な植物が私たちを楽しませてくれますので、度々皆さんにお届けしたいと思います。
(S.K.)

5月16日(水)晴れ ひとこと日記

  今シーズンの春スキーはビレッジからのアクセスとなり、アッパービレッジに行くことが少なくなりました。 今日は少し足を伸ばし、アッパービレッジにあるレストラン「マーリンズ」に行ってきました。

 今月は春のディールでフードメニューが40%OFFと、お得に食べれます。 中でも写真奥のナチョは、通常$30で3人でちょうど良いくらいの量があり、他のメニューを頼んだら3人でもお腹がいっぱいになりました。

 レストランの中は開放的な造りでテラス席も多く、アクテビティの後などに数人で、ちょっと小腹に入れていきたいという時にお勧めです!
(Y.S3.)

5月16日(水) 今日の一枚

短パンだけで爽快に滑るスノーボーダー
<1:30pm 撮影>

5月15日(火)晴れ ひとこと日記

  ウィスラー周辺に住む野生動物といえば、真っ先に思い浮かぶのはブラックベアですが、その他にもたくさんの動物がいます。

 その中でも、一番出会いたくないのはクーガー。別名ピューマとかヤマライオンと呼ばれる大型のネコ科動物です。ウィスラーで人里に降りて来ることはあまりないですが、人を襲うこともあるので時々ニュースになることも。

 これだけ自然に溢れている地域なので、野生動物に出会うのも当然のことですが、山の中を歩く時は注意を怠らないようにしたいものです。 ちなみに写真の剥製は、先住民博物館に飾られています!
(M.Y.)

5月15日(月) 今日の一枚

フッカーズ・フェアリーベル
<9:00am 撮影>

5月14日(月)晴れ ひとこと日記

  ヴィレッジにある「Tapley's Neighbourhood Pub」で、ウィスラーでは初めてダーツをしました。 私は日本のダーツを想像していたので、コインを機械に入れるとゲームが開始するものだと思っていましたが、ウィスラーのダーツはとてもクラシックなスタイル。

 的とその横には黒板とチョークが置いてあります。 自分で点数を書き込んでいくんですね。 身分証と交換で矢をもらい、スタート。 私はルールをあまり知らなかったので、誰かわかる人とやらないとゲームを進められません。 

 ですが、バーでお酒を飲みながらクラシックなダーツを楽しむのは何だかお洒落な気分で、とても良い時間を過ごせました。
(M.O.)

5月13日(日)晴れ ひとこと日記

  先日、Pacific Coachを使用して、ウィスラーからバンクーバー空港に向かっていた時のこと。 ハイウェイの途中でバスが停車しました。

 周りには特に何もないエリアで、バスの故障かな?! とちょっとドキドキしていましたが、バスドライバーさんがおもむろに、バス後部に設置されているトイレへ。 用を済ませると、何事もなかったかのように出発しました。

 日本だったらちょっとびっくり、でもここはカナダ。 先日もバンクーバーの路線バスのドライバーさんが、バス停にバスを停め、乗客を残してトイレに行っていた事もあったので、ごく普通のことなんでしょう。 バスがもし遅れていたら、気が気じゃないと思いますが、スケジュール通りなら、トイレを我慢するよりいいですもんね。
(Y.N2.)

5月13日(日) 今日の一枚

春スキー/ライド絶賛継続中!
<1:35pm 撮影>

5月12日(土)晴れ ひとこと日記

  春のこの時期のレストランではディールでお得なコースが楽しめますが、今日は「21 STEPS」へ行ってきました。 建物の2階にレストランがあり窓が大きいため、ビレッジのメイン通りを見下ろしながら外で食事をしているような造りのお店です。 レストラン内にはバーもありカジュアルな雰囲気なので、1人でも利用しやすいです。

 コースは前菜、メイン、デザートという3コースになっており、レギュラーメニューの中から選ぶことができます。 お肉や魚介など様々な料理があり、メインにはパスタメニューもあります。 デザートの種類が多いのも魅力的。

 写真はサーモンフィレと貝のパスタ。 パスタはペンネとリングイネのどちらかを選べます。 料理の味も美味しく一皿のボリュームも2人で分けても十分な量なので、満足感のあるディナーでした。
(Y.S3.)

5月12日(土) 今日の一枚

新緑が眩しい季節
<3:30pm 撮影>

5月11日(金)晴れ ひとこと日記

  ロストレイクまでの散歩道、麓の植物もようやく活気付いてきました。 まだまだ花は少ないですが、新芽の季節なので春の味覚があちらこちらに。

 特に今はコゴミとハリブキがおいしい季節。 ハリブキはタラノキの仲間なので、新芽はタラの芽のような風味が楽しめます。 道中、食べごろの芽を見つけるたびに「あれ、おいしそう…」なんてことばかり考えながら歩いていました。

 春の新芽に、秋はキノコ。これもまた、ウィスラー生活の密かな楽しみの一つです。
(M.Y.)

5月11日(金) 今日の一枚

大好物のタンポポでスナックタイム。
<10:00am 撮影>

5月10日(木)晴れ時々くもり ひとこと日記

  ファンクション・ジャンクションにあるカフェ、「デリッシュ」がリニューアルしたとの話を聞いたので、久々にランチを食べに行ってきました。 店内に入ると右手にサラダ、ドリンクコーナー、正面にはお店で調理したサンドウィッチ、ブリトー、ピザ等が並んでいます。 時間帯が混雑時だったので、上手く写真に収めることができなかったのですが、左手のレジコーナーは、白を基調としたタイルと重厚感のあるエスプレッソマシーンが、なんともスタイリッシュでした。

 メニューは基本的に以前と同じで、注文したブリトーは前と変わらず美味。 周りの地元民らしきお客さんたちも、楽しげに食事していました。 天気が良い日は外のテラスで食事が楽しめるお勧めのカフェですので、ウィスラー滞在中に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
(S.K.)

5月10日(木) 今日の一枚

サーモンベリーの花
麓では春の花が咲き始めました
<9:00am 撮影>

5月9日(水)くもり ひとこと日記

  ブラッコム山で有名なスイーツと言えば、「Crystal Hut」のワッフル! Crystal Hutは小さな小屋のレストランなので、ハイシーズンはいつもとても混雑、、、。 しかし、今の春シーズンはお客さんも少なく狙い目です。 最近は天気も良いので外のテラスで頂くと気持ち良い!

 大きなワッフルにホイップクリーム、チョコチップ、ベリーソースがたっぷりかかっていて、誰かとシェアするのが丁度良いサイズ。 今回はプラスでベーコンをのせてみました。 甘いのにベーコンっなんて気持ち悪い、という方もいるかもしれませんが、カナダではメープル漬けベーコンが有名なので、甘い物にベーコンは普通なのかもしれません。

 食べてみたところ、合います! おいしいです! 甘さ控えめなので、お昼ごはんに是非召し上がってみて下さい。
(M.O.)

5月8日(火)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーの図書館に新しく設置されたマシン。 図書館カードを持っていれば、セルフチェックインが出来るシステムです。 使い方は簡単。 中ほどの赤いセンサーにカードをかざし、借りたい本を黒い部分に乗せれば完了。 返却日などの情報は、自分のメールアドレスに送ることが出来るので、返し忘れ等も防げて便利!

 図書館内では無料のWi-Fiが使用できる他、パソコンルームやコピー機の利用、DVDの貸出なども行っているので、ちょっとした調べものや、雨の日にちょっとくつろぐのもいいですね。 また、日本のマンガや日本語の本、旅行のガイドブックなども置いてありますよ。

 場所はビレッジノースのデルタホテル向かいにあります。 特にワーキングホリデーなどの長期滞在の方には知っておくと便利です。
(Y.N2.)

5月8日(火) 今日の一枚

晴天のマウントカーリー
<12:00pm 撮影>

5月7日(月)晴れ時々くもり ひとこと日記

  春スキーでは、山に上がって数本滑っては日光を浴びながら休憩し、また滑っては休憩と、のんびり過ごすのも楽しみの一つです。 今年はゴンドラ建設作業のため、滑走エリアが例年と違いますが、それに伴いオープンしているレストランも例年と変わっており、今年はランデブーの他、グレーシャークリークとクリスタルハットもオープンしています。

 ガッツリランチを楽しみたい方にお勧めは、グレーシャ―クリークにある特大ラップ! オリジナルでサンドイッチやブリトーを作れるコーナーにあるのですが、最初のパンの種類のところでラップ(Wrap)を選び、お肉→チーズ→ソース→野菜と順に選んでいきます。 最後にサイドのサラダを選ぶと、写真の様な特大ラップのできあがり。

 口を大きく開けても入らないくらいの大きさで、大食いの方でも満足できるボリュームなので、二人で分けて食べても十分です。 食べ逃がした~という方は、次回冬に訪れた際に是非お試しください!
(Y.S3.)

5月6日(日)くもり時々雨 ひとこと日記

  先日5月3日、マウンテンバイク(クロスカントリー)の草レースに参加してきました。 レース名はToonie ride(トゥーニーライド)と言い、参加費の2ドル(Toonie)に由来しています。 また、レースというよりも皆でワイワイ走るファンライドの要素が強く、初心者から安心して参加できます。

 今回は2018シーズンの第1回目(毎週木曜日全20回開催予定)で、スタート地点はビレッジから10数km北上してグリーン湖を超えたあたり。 普段に比べビレッジから遠く、更に初戦ということで少なめの参加者を予想していましたが、現地には100名程は集まっており、改めてウィスラーのバイク熱の凄さを感じました。

 本格的にクロスカントリコースを走ったのは今年初だったため、優しめのコース設定(コース長4km、獲得標高200m)だったにもかかわらず足はパンパン。 更に、ゴール後自転車を降りた瞬間、足をつってしまい走り込みの不足を実感。 次回はもう少し体力(脚力)を戻してリベンジしたいと思います。
(T.W.)

5月6日(日) 今日の一枚

ウィスラー山もまだまだ滑れそう。。
<12:00pm 撮影>

5月5日(土)晴れ ひとこと日記

  ウィスラーの南にある街、スコーミッシュの隠れた人気スポットWest Coast Railway Heritage Park (鉄道博物館)へいってきました。

 ウィスラー近辺は林業が栄えていたこともあり、その昔は資材の運搬や、郵便に鉄道を利用していました。 ここは、その昔使用されていた郵便列車や寝台列車が展示されており、今年からは、昔流行った「電車でGO」のような車掌体験もできるようになっていました。 開拓当時は日本からの移住者第1世代の方たちも働いていたそうで、とても興味深かったです。

  現在では、ロッキーマウンテニア号というバンフやジャスパー、レイクルイーズへ向かう観光列車が活躍しています。のんびり列車旅行を楽しみたい方にオススメです(詳細はこちら)
(M.Y.)

5月4日(金)くもり時々雨 ひとこと日記

  マーケットプレイスにあるIGAマーケットにて、目新しい商品があったので紹介したいと思います。 こちらは、BC州内のインヴァーミアにあるキッキングホース・コーヒー社の缶コーヒー。 ロッキー山脈の麓でローストしたオーガニック豆を、20時間かけてじっくりドリップすることで、香り豊かな深い味わいを楽しめるのが特徴だそうです。

 ローストレベルは、緑のKick assがダーク、オレンジのSmart assがライトで、値段は1本$4.00。 日本でもこのコーヒーを楽しみたいという方は、コーヒー豆コーナーにいけば、パッケージされた豆や粉も並んでいますので、是非お試しあれ。
(S.K.)

5月4日(金) 今日の一枚

 
今シーズン最後のスキーインストラクター試験
<12:40pm 撮影>

5月3日(木)くもり ひとこと日記

  以前ブラッコム山のゴンドラ架け替えについて春シーズンのコース変更をお知らせしましたが、これに伴い、夏のゴンドラ観光の営業にも影響があります。 今年の夏は、ウィザードエクスプレス、ソーラーコースターの架け替えの為、ブラッコム山に直接上がることが出来なくなり、ウィスラー山からピークトゥピークでアクセスすることになります。

 その代わりに、クリークサイドから、クリークゴンドラ→ビッグレッドエクスプレスにてウィスラー山にアクセス出来るようになるので、クリークサイド周辺の滞在も便利になりますね。

 夏のダウンヒルバイク場は、さらなる拡大が計画されていますので、こちらも要チェック! 2018年夏から、ダウンヒルコースが21km追加されることになるとのこと。 夏のゴンドラ観光の営業は5/26~、山頂のオープンは6/23、ダウンヒルバイクパークのオープンは/18を予定しています!
(Y.N2.)

5月2日(水)晴れ ひとこと日記

  バンクーバーで有名な観光スポット「グランビル・アイランド」に行ってきました。 グランビル橋の下の入り口を入ると、どこかのテーマパークにいるような気分になるぐらい、広くて華やか! 

 大きな敷地の中でお洒落な雑貨やおもちゃ、文具などたくさんの物が売られていますが、やはり1番楽しいのパブリックマーケット。 とにかくたくさんの食材が売られている市場で、食べ歩きしながら何時間もすごしたくなる場所でした。

 外に出ると海が広がっていて、写真撮影にもバッチリなスポット。 人気観光地なだけはあり、車を停めるのに少し時間が掛かりましたが、バンクーバーに行ったら必ず寄りたい場所です。
(M.O.)

ヘリスキー参加者インタビュー(東京都 ヒデさん)

 今回でウィスラーへのスキー旅行は3回目。 でも、ヘリスキーは初めてという東京にお住いのヒデさんは今年67歳。 当初ウィスラーヘリスキーの3本コースで申し込まれていましたが、想像以上に楽しかったとのことでエキストラを2本追加。 同じグループの若いアメリカ人やイギリス人、ドイツ人ゲストから、あの元気なジャパニーズ・ジェントルマンはおいくつなの?と訊かれ、67歳と答えると、全員一様に目を丸くして愕いていました。 そんなヒデさんに、今回の印象や普段のスキースタイルなどを含め、元気の秘訣をインタビューさせていただきました。(参加日:2018年3月)

Q:スキーを初めたのはいつ頃ですか?
 
A:20歳ごろで、本格的に始めたのは9年前(58才の時に退職してから)。

Q:きっかけは?
  
A:もともと山登りが好きで、山スキーをしたくて9年前、湯沢高原スキー場でUSMRの松本校長に出会ったのがのめり込むきっかけ。 「上手くしてあげる」と言われその気になり \(^o^)/ まさかレーシングだとは知らずに参加してからです。(ちなみに義理の息子さんは野沢の大瀧徹也さん)

Q:平均するとシーズン中に何日くらい滑りますか?

A:40~50日

Q:お気に入りのスキー場は?

A:毎年10~20日は八甲田山のツアースキーの新雪を楽しんでいます。

Q:ヒデさんにとってスキーとは?
  
A:冬のスポーツ・体力作りと考えていましたが、今では年間を通してスキー仲間とテニス、ゴルフ、泳ぎなどやり、友達も増えスキー様々です。

Q:続けていらっしゃる理由、また秘訣はなんでしょうか?
  
A:スキー場に行けば友達や知り合いに会える楽しみと、スキーの上達かな・・・?

Q:オフシーズンの過ごし方は?

A: 毎日15,000歩を目標に歩いています(達成率は70パーセントかな?)。 それと、岩魚釣り、ゴルフ、ハイキングなどを楽しんでます。 特に岩魚釣りは20代から初めて一番の楽しみであります。 この岩魚釣り、ただの道楽と思っていらっしゃる方も多いのですが、結構体力を要します。 ひょっとしたら私の体力のベースはここかもしれません。 余談ですが、テンカラ釣りです(日本古来の毛バリ釣り)。 釣れた魚は放流してます。

Q:ヘリスキーを知ったきっかけは?
  
A:八甲田ツアースキーの仲間から聞きました。

Q:ヘリスキーに参加された際の印象は?

A:英語も話せないのに皆さんと仲間意識みたいなものが生まれ、JUNさんのお力添えもあり、大変愉しく充実した時を過ごすことができました。  

Q:今後の目標やご希望などもしあれば教えて下さい。

A:運動をしてもっと体力をつけようと思います。 今年の12月に再訪することを検討中です。 実現したらまたヘリスキーに参加したいと思います。


<後記>
 雲が多く視界は良くなかったものの、20-40cm程度のパウダーに恵まれ、参加者全員からたくさんの笑みがこぼれた上出来の1日でした。 エキストラランではスノーボードの参加者が多かったため、ほとんど止まることなく長い距離を滑っていただきましたが、ヒデさんもまったく遅れることなく楽しそうに滑っていらっしゃったのが印象的でした。 また来シーズンお会いできることを楽しみにしています! 参加いただきありがとうございました!
(J.Y.)

5月2日(水) 今日の一枚

山麓の雪解けがゆっくり進むブラッコムMtn.
中腹より上では春スキー/ライド継続中!
<5:15pm 撮影>

5月1日(火)晴れ ひとこと日記(スノーレポート)

   Blackcomb Mountain:  終日快晴で春スキー日和の今日は、ブラッコム山のオープンしているリフトに全て乗車し、のんびり滑って来ました。 シャバシャバの春らしい雪質ですが、午前中はセブンスヘブンまでの平らなコースもほとんど止まらず滑ることが出来ました。 T-Barを上がったブラッコム氷河のコースは、雪崩の危険がありしばらくクローズされていたので、トラックもあまりなくファーストトラックのように気持ちよく滑れました。

 この時期は滑っているとコースの脇に写真のようなデブリ(雪崩の跡)があります。 気温が上がると雪崩が起きやすく、デブリが山の色んな箇所で見られますが、こんな大きな雪の固まりに呑まれたらと想像すると、本当に恐ろしいですね。
(Y.S3.)

2018年 夏のゴルフ割引情報!

  今年もゴルフのシーズンがやってきました♪ ウィスラー内に3ヵ所、車で30分の隣町ペンバートンに1ヶ所、合計4つのチャンピオンコースがあり、ご滞在中日替わりでゴルフをお楽しみ頂けます。

 また、夏は陽が長い(夏至の頃で日没21:30)ため、料金が安くなる午後スタートでもゆっくり楽しんで頂けるのも魅力的。

 今なら4つのゴルフ場の中から2つ以上のコースと、宿泊やバス、ゴンドラ観光券などと一緒にお申込みいただいたお客様には、2ラウンド目は$10引き、3ラウンド目は$20引き、4ラウンド目はなんと$30引きで手配いたします! 滞在中毎日プレーを楽しみたい方にはもってこい。 お得なチャンスをお見逃しなく。

 各コースの特徴についてはこちらをご参照ください。
 各コースの料金についてはこちら

 ご質問・お申込みは info@japanada.comまでお気軽にお問い合わせください!

5月1日(火) 今日の一枚

ゴルフシーズンがスタート!
ビッグスカイゴルフコースにて
<12:00pm 撮影>

4月30日(月)くもり ひとこと日記

  以前こちらでご紹介したジュニアアルペンスキー世界大会ウィスラーカップ、
日本からは10名のジュニアアスリート達が参加しました。 レースにメインで使用したコースは、ウィスラー山のPtarmigan(ターミガン)。 急斜面、緩斜面、ウェーブが連続した難コースで、コース長はほぼガルバンゾーチェアリフト1本分、シーズン中はローカルのレースチーム、「ウィスラーマウンテンスキークラブ」が貸し切りでトレーニングに使用しているコースです。

 競技はU16、U14の年齢別で、回転、大回転、スーパー大回転、パネルド回転、チーム戦の5種目。 例年、日本のレーサー達は好成績を収めており、今年もU14男子大回転、U14女子大回転では優勝、U14男子回転では2位表彰台はじめ、多くの選手が上位入賞を果たしました。(オフィシャルリザルトはこちら

 また、世界で活躍できるトップレーサー育成を目指し、日本でのレース主催やウィスラーカップへの選手派遣など様々な活動をされているナスターレース協会さんの公式FACEBOOKページでは、ウィスラーカップ中の様子がアップされています。レースの様子、選手の素顔やウィスラーでの生活などを垣間見ることができる写真が多数掲載されていますので、是非ご覧になってみてください。
(T.W.)